業務改善提案

業務改善とは


業務改善とは、読んで字のごとく「業務」を「改善」することです。現状を把握し、問題点を挙げ、それに対し適切な処置を施すことにより、現状よりも高いパフォーマンスを発揮し、その結果として組織の増収増益につなげます。
よく「コスト削減」や「意識改革」といった社内の対策が講じられますが、これらも業務改善の中のひとつの手段です。
しかし、切羽詰まってからの行動では既に遅いこともあり、業務をマネジメントするうえでは、業務改善という考え方は経営が悪化した場合のみに当てはまるものではなく、むしろ経営が順調であるからこその業務改善が必要と言えるでしょう。

業務改善が必要不可欠な理由とは

普段の業務において「最近生産性が落ちてきたようだ」「こうすればもっと効率がよくなるのでは」という疑問や認識は当たり前のように起こっています。
ただそれを会社の風土・空気と感じそのまま惰性に続けるのか、新しい技術やシステムを取り入れて改善に取り組むのかで、今後の組織運営は大きく変わっていくでしょう。
単純な効率アップ・生産性の向上による増収という結果もあれば、従業員が効率よく動けることで時間外労働を短縮し、組織のモチベーションを向上させることにより離職率を軽減させるなど、間接的な業務改善も重要です。
まずは、会社にどのような問題点があるのかを洗い出し、それについてどのように対策を講じていくかを考えます。
これを「企業資源計画(ERP)」といいます。

経営コンサルタントとして、御社の業務改善のお手伝いをいたします


株式会社ベクトルでは、熟練の経営コンサルタントスタッフが御社の
問題点の洗い出しから業務改善の計画までを全面バックアップいたします。
「最近生産性が落ちてきた」
「従業員の残業時間が増えてきた」
「売上が現象している」「売上が頭打ちになっている」
「経費が嵩むようになった」「売上は向上しているのに利益が芳しくない」
などのお悩みをお感じの企業様、または現状悩みのない場合でも業務改善を前向きにご検討の企業様は、ぜひ当社にお問い合わせください。

弁護士・司法書士・社労士・行政書士と連携した助成金のご提案

これらの業務改善においては、各種助成金の対象となる場合がございます。
提案内容により、どの助成金を受けるのが適切であるかを判断し、当社提携の弁護士・司法書士・社会保険労務士・行政書士により資料作成を代行いたします。